堺市で家を売るときの流れや注意点

今住んでいる家を売りたい、新しい家に住むために一戸建てを手放したいときには何から始めれば良いのか知っていますか。いざ家を売りたいと思っても、何から手を付ければ良いのか分からないという人も少なくありません。

そこで堺市で家を売るときの詳しい流れや注意点について解説します。(参考サイト ... 家を売る ... 家を高く売る研究)

売る前にチェックしておけばスムーズに売り出すことも可能です。


依頼する不動産会社を探す

家を売るためには、仲介業者の手助けが必要です。不動産会社などに依頼すれば宣伝をしてくれたり、顧客に対して売り出し中であることを伝えてくれたりします。契約をするときにも買い主との間に入ってくれて、スムーズに交渉や契約が出来るようにサポートしてくれるのです。

まずは建物がある地域の不動産会社に足を運びます。

大手の不動産会社から地域に密着した小さな不動産会社まで、くまなく足を運ぶのがポイントです。大手の不動産会社なら宣伝力もあり、幅広いお客さんが訪れます。

全国に展開していればそのネットワークを使って、広く広告してくれるのがメリットです。

地域の不動産会社からそのエリアの情報に詳しく、お得意様とのつながりもあります。沢山の人たちに宣伝する大手とは違って、ピンポイントで特定の人たちに情報を伝えてくれるのが良いところです。

その土地で家を売る経験も豊富で、効率よく買い主を探し出してくれます。


一括査定を利用する

どのような不動産会社に足を運べば良いのか分からないときには、一括の査定を利用します。インターネットで気軽に申し込むことができ、物件の情報を伝えるだけで査定してくれるサービスです。どんな不動産会社が査定してくれたのかも分かり、候補となる企業が見つけられます。

担当者とはしっかり話をする

家を売るときにはスタッフの手助けが不可欠です。自分と担当者の相性を見極めるためにも、きちんと話をしておくことが重要です。自分たちの要望を的確に理解してくれるのか、一方的に話を進めてしまわないかも確認します。

契約する前に何度も話し合いをして、相性の良い担当者を探しましょう。

内見に参加する

不動産会社に足を運んで仲介の契約を結ぶと、宣伝をして買い取り希望者が現れます。買い取り希望者は図面で間取りや設備を確認するだけでなく、実際の建物を見て買い取るのか決めます。場合によっては売り主も内見に参加して、物件の魅力をアピールするのです。

内見前には室内の掃除をして、清潔な状態を保ちます。少しでも汚れていると物件の魅力が半減されてしまうこともあるので、注意して掃除をすることが大切です。特に汚れが目立つ水回りは丁寧にお手入れをしておきましょう。

買い主と契約を結ぶ

内見をして購入希望者が正式に買い取りたいと申し出たら、契約をします。値段や設備の内容、売り渡す時期などを交渉して、契約内容が固まると担当者が契約書の作成に取り掛かります。約束した日時に全員が集合して、契約書にサインをして完了です。

受け渡しをする日までに荷物を片付けて、引っ越しの準備をします。

流れを把握してスムーズに売り出しを

事前にどんな流れで家を売るのかを知っておけば安心ですし、どんな不動産会社や担当者を選べば良いのかの参考にもなります。自分たちの味方になってくれるようなスタッフも見つけて、満足して売り出せるように努力することも大事です。

後悔しないためにも自分の希望はしっかりと伝えて、必要があれば購入希望者とも交渉しましょう。